インスタント食品の「丁度イイ」って

湯船からこんばんは。かるかやさとしです。
先日、インスタント味噌汁のちょっと高級なタイプのやつを頂いたので作ってみました。

「インスタント」と言うだけあって作り方はとても簡単です。
具と味噌をお椀に入れてお湯を注ぐだけです。

世の中にはいろんな「インスタント」タイプの食べ物があります。
カップラーメンもとても素晴らしいインスタント食品です。

さて、そんなとても楽に作れ便利で美味しいインスタント食品ですが、作るときにいつも悩むことがあります。

まず、インスタント味噌汁。
メーカーが狙った「ベストな状態」で食べるには、説明にある通りに作るのが良いでしょう。

ここでぼくは考えてしまいます。
インスタント味噌汁は1回分の具と、1回分の味噌を入れ、指定の量のお湯を入れるわけですが、味噌が入ったチューブみたいなやつの、どこまでを絞りだせば、メーカーが狙った適量なのでしょうか。

おそらく、がんばってもほんの少しチューブの中に残ってしまいます。でもみんなそうだと思うので、きっとメーカーは、これくらい残るくらいでベストな味が出るようにしよう!と思っているはず。
でも、その場合は、どれくらい残せばいいの?

悩んでしまいます。

続いて「カップラーメン」。
カップラーメンの液体調味料がある場合も同じように悩みますが、カップラーメンは、まだ他に悩むことがあります。
「時間」です。

カップラーメンは、お湯を注いでから出来上がるまでの時間が決まっています。
3分という設定の場合が多いでしょう。

しかしほとんどの人は、3分経過後にフタを剥がし、箸を手に取り食べ始めるまでの時間があります。

いったい3分何秒経過した時点で、麺が口に入るのが最高のお味なのでしょうか?

悩んでしまいます。

鍋で作るタイプのインスタントラーメンもそうです(略)。

悩んでしまいます。

でもその解決方法もなんとなくわかっています。

それは、そんなこと考えずに適当に食えよ!ということです。それが一番美味しいかもしれません。

[エラー: asin:B005FUGAH2:m というアイテムは見つかりませんでした]

[エラー: asin:B006D2JAPA:m というアイテムは見つかりませんでした]