車内での「通話」はおやめください!

名古屋の地下鉄で10月31日から通話できるエリアが広がるそうです。

NTTドコモさんと、KDDIさんと、ソフトバンクモバイルさんは、10月31日から名古屋市営地下鉄の通話エリアを拡大すると発表しました。
これまで東山線の一部は通話可能だったのですが、東山線では全線で通話とインターネットが可能になるそうです。
そして、新たに、名城線の市役所〜新瑞橋間、桜通線の中村区役所〜御器所間が通話とインターネットが可能になるそうです。
今後は2013年3月までに名城線や桜通線は残り区間、そして鶴舞線でのエリア拡大をしていくそうです。

ということなのですが、各社はサービス開始後でも「車内での通話は控え、優先席付近では電源を切って」と呼びかけているそうです。

通話エリアを広げたいのか、やめて欲しいのか。

いつの間にか「通話は迷惑」ってことになってまして、そのように言われているので、電車の中で電話でしゃべってる人を見かけるとイライラしがちです。
でも、人間同士、OLさん同士や、女子高生同士や、他にも友達同士や複数のグループの会話など見ていても聞いていてもイライラしません。

これは、電車内での通話はひかえてというアナウンスやルールがあるのに対して、会話はひかえてくださいというアナウンスやルールが無いからだと思います。

通話でのしゃべり声よりも、友達同士の会話のほうが大きな声でしゃべってるのに、電話での通話は駄目で、人間同士の会話はOKです。

まとめておきましょう。
地下鉄内で通話できるようになりました!
でも、通話はしないでくださいね!
人間同士の会話はOKですよ!

イマイチ納得できませんが、優先席付近ではもちろん携帯いじるのはやめ、そしてどんなに通話できるようになってもメールで我慢しましょう。