NHK教育テレビ「放送事故じゃないよ」

砂嵐

NHKさんが、「12月29日のNHK教育テレビの番組を、合計13時間くらい放送休止しますよ~」みたいなことを発表しました。

知らずに休止時間にテレビつけてザザザーーって砂嵐になってたら「放送事故かな?」とか思っちゃうのかな。

日時は、、、日にちは、2008年12月29日で、休止する時間は、午前5時から昼の0時30分までと、夜の21時30分から翌日30日午前2時50分までの計12時間50分間です。
これは地球温暖化防止対策の一環として行われるもので、これだけ休止すると約1万7000キロ・ワット・アワーの節電になって、約9.4トンの二酸化炭素削減効果があるんだって!

NHKさんによりますと、昼間に放送を休止するのは、1974年~1976年にオイルショックの影響で、午後1時から3時間休止した以来のことらしいです。

13時間休止ってすごいですね!なんだかすごくイイ時間帯だし。
NHKさんはみなさんから受信料をもらって放送しているわけですが、二酸化炭素削減とか聞けばみなさんも納得ってとこでしょうか。
29日のその時間に、このニュースを知らずにテレビをなんとなくつけた人はビックリです。あと、発電所の近くの空気もびっくりですね。
最近9.4トンくらい二酸化炭素が少ないなぁって。空気がしゃべれないのが残念ですけど。

休止中はザザザザーっていう砂嵐画面かなぁ?ちょっと観てみたい。
歴史的瞬間ですからね。
ハレー彗星接近とかなんだかそんな感覚だったり。

1日くらい全局で放送休止ってのもいいかもしれません。
そうなると、テレビ局の節電効果プラス各家庭もテレビをつけないから節電効果がすごくて、すさまじく二酸化炭素削減になりそうな。テレビの無い日本って想像できないけど、なんだか体験してみたい。