ケーキをまずく作って欲しい

ケーキ

そういえば、各メディアやイベントでご活躍中の立花麻衣さんに手作りクリスマスケーキをいただきました。
今回もお断りしたのですが、くれました。
立花麻衣さんの手作りお菓子といえば、恐怖の食べ物として有名でございます。
作り方がどうとかってよりも、作るときの考え方が間違っていることがあるのです。
立花さんが言うには、「どんな料理を作るときも茶色が足りないと思えばチョコレートを入れればいい」とかそんな考え方なのです。
味よりも色を重視しているのでしょうか。
栗ご飯を作ったときも、見た目を意識してココアパウダーをふりかけて「ココア栗ご飯」にしてました。斬新です。

そんな立花さんが、チョコレートケーキっぽいケーキをくれました。
数日前にいただいたのですが、すっかり忘れてて、車の中に入りっぱなしでした。
さっきふと思い出しまして、いつも昼ご飯を食べないぼくが、昼ご飯にと食べてみました。

ケーキ

ケーキはこれです。
なんだかおいしそうに見えなくもないです。
ただ、立花さんは「色重視」なので、ここで騙されてはいけません。
食べてみましょう。
食べる

怖いのでおいしそうな表情ができないのが残念なところ。涙。

・・・・・ん?うまい。
こりゃいかん。
おいしくちゃいけないのです。
まずくなきゃいけないのです!
立花さんは何人かに配ってますので、まずければ被害者の会とか結成して戦おうと思っていたのに、この味ではダメです。
もっとまずく作ってください!