臭いが匂いに変わる瞬間

※「臭い」は「におい」と「くさい」の読みがありますが、この記事内は「におい」と読んでください。

良い匂い

「におい」という漢字は2つあります。
「臭い」と「匂い」です。
基本的に嫌なニオイには「臭い」という漢字を使い、良いニオイには「匂い」という漢字を使うべきだと思います。

「嫌な臭い」と「良い匂い」。

まったく正反対の2つですが、実は紙一重だったりもします。

好きなものの「臭い」は「匂い」なんです。
愛するものの「臭い」は「匂い」なんです。

ぼくの場合、たとえば、中華料理屋で出てくる「ザーサイ」。
ぼくは最初はザーサイが嫌いでした。ザーサイの臭いが嫌いでした。

学生のころ、中華料理屋でバイトをしていたのですが、お店が暇なとき、どうしてもどうしてもおなかが空いたときにカウンターの上のザーサイに手を出すしかなかったんです。
何度か無理して食べていると、いつしかザーサイが好きになりました。
「臭い」が「匂い」に変わったんです。

「においフェチ」というフェティシズムもそうですね。
嫌な臭いとされているようなものが、なぜか良いにおいに感じてしまう。

ペットの独特なニオイが、他人の家のペットだと「臭い」なのに、自分の愛するペットは「匂い」だったりします。
同じニオイなのに、「臭い」じゃなくて「匂い」なんです。

彼氏や彼女のニオイだってそうです。
本当は嫌な臭いのはずなのに、愛する人から発せられるものだったら「匂い」にかわってしまうことがあります。

嫌なものが好きなものに変わるんです。

でもでも、逆もあるんです。

大好きで大好きで仕方なかったあの人のことが嫌いになったとき、臭覚の過去へのタイムスリップ現象が発生します。
「匂い」が「臭い」に戻ります。

ニオイって不思議ですね。
オエ~ッってなみだ目になるような「臭い」が「匂い」になるなんて。

さあ、愛する人の臭いを嗅いでみよう!
全力で嗅いでみよう!

「臭い」が「匂い」に変わる瞬間を体感できるかも。
でも、全力で臭いを嗅ぐことによって、オエ~ッってなっちゃって、そのせいでその人のことが嫌いになり、その人の「匂い」だったはずのニオイまで「臭い」になっちゃうかも。
その時はぼくのせいにしないでほしいんだよね。

だって、この文章、てきとうなんだもん。

“臭いが匂いに変わる瞬間” への2件のフィードバック

  1. わが家にはネコ3匹と犬1匹が同居してます。
    彼らを愛してますが「臭い」を感じます。
    「匂い」にはほど遠いです。ヤッパリ愛してないのか?

  2. >飲んだくれキャベツ親父さん
    愛していないのではなく、愛が足りないのです!さあ、思いっきり臭いを嗅いでください!笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。