刀削麺ロボット

秋葉原と錦糸町に「刀削麺荘 唐家」を運営する、株式会社タカラダイニング(本社:東京)は、刀削麺業態の草分けとして、「削ればいい」あるいは「削りもしない」刀削麺を扱う店舗の乱立と、品質の低下に危惧を抱き、一杯の薬膳料理という本物の刀削麺を一人でも多くの方に味わってもらうため、多店舗化のネックだった中国人調理人に代わり、刀削麺業態の最終兵器として”刀削麺ロボット”を導入し、「刀削麺荘 唐家」錦糸町店に導入した。(プレスリリースより)